スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ラクガキ
2008-11-23 Sun 02:35
ラクガキ。

なんで書いたのか、本人も不明ですがw

まぁ、広告消す程度に。。。w
なにもない、真っ白なこの世界に。

君は少しずつ世界を作っていく。

それは・・・文?

それは・・・詩?

それは・・・歌?

わからない。

だけどソレは、小さいけれど美しくて。

広大だけれど歪で・・・・。

それは、世界?

それは、想像?

それは、空想?

きっとそれはその人自身。

その人の体の中に、心に広がる大きな世界。

形はないけれど、見えはしないけれど、確かに存在していて。

それは時に悲しく、冷たく。

それは時に優しく、暖かく。

言葉にすれば見える、キミの世界。

文字にすればわかる、ボクの世界。

さぁ、扉を開こう。

その先に何があるかはわからない。

その人の苦しみが見えるかもしれない。

その人の悲しみに打たれるかもしれない。

けれど・・・・

けれどきっとそれは・・・・

キミのことをもっと知ることができたということだから。

言葉にして、歌にのせて。

見える世界はきっと・・・・心という名の綺麗な詩。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<聖夜とタタリガミ | 十六夜の月が昇る空 | ふぃー・・・・>>
この記事のコメント
時にそんな詩のありかを、僕は探しているのかもしれない。
2008-11-24 Mon 12:15 | URL | らなー #2Z5jlXfU[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 十六夜の月が昇る空 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。